waku♪waku♪

映画・ドラマ・漫画のあらすじ紹介サイト

SPEED GRAPHER/スピード グラファー  Episode.6『さよならダイヤモンド夫人』

スピードグラファー・ディレクターズカット版 Vol.3(初回限定版) [DVD]

 

 

【放送日】

 2005年05月12日

 

【放送】

  テレビ朝日

 

【原作】

  GONZO

 

【監督】

  杉島邦久

 

【脚本】

  鈴木やすゆき

 

【シリーズ構成】

  吉田伸

 

【ジャンル】

  アニメ アクション サスペンス

 

 【登場人物】

  • 雑賀辰巳(高田裕司)
  •  33歳、A型。元戦場カメラマン。現在はパパラッチ同然のフリーカメラマン。お金には興味がない。興味があるのはカメラのことだけ。ぶっきらぼうな性格。
  • 天王洲神楽(斉藤圭)
  •  15歳、B型。私立イグナチヲ女学園高等部1年。天王洲神泉の一人娘。内向的な性格。家にも学校にも居場所がなく、孤独を抱えている。神楽の体液が他の人間の身体に入り込むと、ある特定の因子を持っている人物はユーフォリアとして覚醒する。
  • 水天宮寵児(森川智之)
  •  28歳、AB型。天王洲グループ系六本木開発興業取締役社長。天王洲神泉の右腕で、愛人でもある。地下の秘密倶楽部の支配人。時間とお金に厳しい。 
  • 天王洲神泉(高島雅羅)
  •  38歳、B型。天王洲グループ総帥。勝ち気で傲慢な性格。娘の神楽に対して、冷たい態度を取る。
  • 銀座ひばり(本田貴子)
  •  28歳、O型。新都心署特務課警部。拳銃で撃つのが得意。「正当防衛」が口癖。雑賀に並々ならぬ執着心を持っている。男勝りな性格。
  • 戸越清冶郎(広瀬正志)
  •  東西通信社・社会部勤務。若い頃から雑賀のことを助けてきた。   
  • 辻堂(結城比呂)
  •  水天宮の部下。ユーフォリア、フェティッシュは「犬」。驚異的な嗅覚を持っている。   
  • 小金井薫(横尾まり)
  •  画家の妻だったが、夫は既に他界している。フェティッシュは「ダイヤモンド」。借金まみれで、家財道具のほとんどが差し押さえられている。ダイヤモンドを食べないと禁断症状が出る。      

 

 【用語】

  • ユーフォリア
  •  フェティッシュ対象(自身の性的嗜好)と同化できる特殊能力を持った超人。 
  • 天王洲グループ
  •  不動産、建設業、金融、情報ネットワークといったあらゆる分野の企業を買収し、ここ最近日本経済を左右するほどの急成長を遂げた会社。      
  • 地下の秘密倶楽部
  •  闇の社交場。水天宮が支配人を務めている。選ばれた者しか入会することができず、お金さえ積めばどんな欲望も満たしてくれる場所。神楽が「女神」として崇められているが、神楽本人にその時の記憶はなく悪夢として夢で見ている。        

 

 

【あらすじ】

 雑賀と神楽は知り合いのボブの弟のデビットが経営するショーパブで身を隠していた。だが、そこに辻堂や小金井が現れる。小金井は全身をダイヤモンドに変えた。雑賀はカメラで攻撃するが、小金井には効かなかった。ダイヤモンドの体が攻撃を透過したのだ。デビットや従業員が小金井達の足止めをしている間に、雑賀は神楽と共に逃げ出した。

 

 雑賀は神楽と盗んだバイクに乗って逃亡した。しかし、車で追いかけてきた小金井に腹部を刺され、転倒してしまう。神楽は雑賀を守ろうと、小金井の行いを止めた。小金井は神楽を連れ、車を奪ってその場を離れた。そこに、小金井に行動を邪魔された辻堂達が追いつく。小金井は神楽を人質に、水天宮を裏切ってお金を巻き上げようとしていた。雑賀は辻堂達を脅し、その事実を知る。

 

 小金井は神楽を連れ自宅へと戻った。小金井は「女の価値は男がどれだけ貢いでくれるかで決まる」と思っていた。それは、小金井の夫がそういう考えだからだった。夫は有名な画家だったが、小金井のために作品を全て売ってダイヤモンドに変えていた。それでも足りないからと、自分に保険金をかけて自殺をしたのだった。

 

【感想】

 小金井の過去があまりにも寂しかった。小金井も本当はダイヤモンドを贈られるよりは、旦那に傍にいて欲しかったのではないだろうか。過去をあっさり語って終わったので気持ちまでは分からないが、そうだと良いなと思う。辻堂がいる限り雑賀と神楽の逃亡劇は大変そうだ。彼らがどのように逃げるのか、非常に気になる。

 

 

SPEED GRAPHER / スピード グラファー コンプリート DVD-BOX (全24話, 600分) GONZO アニメ [DVD] [Import]